ライブセミナーを読み込み中

日経225と海外株価指数の今後

2019年5月30日 20:00~21:00

主催:ひまわり証券

講師:江守 哲 氏(エモリキャピタルマネジメント株式会社 代表取締役)


定員200名:申込み制 ※どなたでもご覧になれます】

ついに!江守氏がくりっく株365を攻略すべく、日経225やNYダウ平均について語ります!今後、日経225はどのように推移していくのか!?NYダウは!?イギリスは!?ドイツは!?など、各国の情勢を踏まえて江守氏が語り倒します!

江守氏が得意とするマクロ経済セミナーです。独自の情報網を活かして、「正当論」から「ここだけの裏話」までを耳にすることができるため、経済全体で、今何が起こっているのかがハッキリと理解できるようになります。

■講師紹介
江守 哲 氏
エモリキャピタルマネジメント代表取締役

1990年慶應義塾大学商学部卒業後、住友商事に入社し、非鉄金属取引に従事。英国住友商事(現欧州住友商事)に出向し、ロンドンに駐在。その後、当時世界最大の非鉄金属トレーダーだったMetallgesellschaft Ltd.(ロンドン本社、現JPモルガン)に移籍し、唯一の日本人として非鉄金属取引を極める。2000年に三井物産フューチャーズに移籍。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」としてコモディティ市場の分析および投資戦略の立案を行う。2007年7月にアストマックス入社し、チーフファンドマネージャーに就任。2015年4月にエモリキャピタルマネジメントを設立。ヘッジファンド運用を行う一方、株式・為替・債券・コモディティ市場の情報提供や講演、テレビ出演を行っている。住友商事時代には、元上司が起こした銅事件に遭遇。ロンドンにおいて事後処理の現場を仕切り、「2600億円の損失を確定させた男」としても知られる。2004年以降の原油高を的中させたことで世界的に知られるようになり、2008年には原油価格の高騰およびその後の暴落を予測。リーマン・ショックの中、運用していたコモディティファンドで高収益を上げることに成功した。2016年からの「円高・株安」をもっとも的確に予測したと評価されている。

著作に、「ロンドン金属取引所(LME)入門」(1999年 総合法令出版)、「勝つ投資」(2005年 ビジネス社)、共著に、「コモディティ市場と投資戦略」(2014年 勁草書房)などがある。新刊に「1ドル65円、日経平均9000円時代の到来」(2016年 ビジネス社)。

申し込みはこちら

カテゴリー:FX

一覧へ戻る

FXプライム
トライオート

PAGE TOP